安全なパソコンの廃棄を行う為のポイント

パソコン廃棄のお問合せは、フリーダイヤルへ→

安全なパソコンの廃棄を行う為には

事前のチェックがポイント
安全な廃棄を行うなら、事前の確認が大事になります。 特に、パソコンなどのデータが保存されている機器は、1台が紛失しただけでも大変です。
廃棄リストの作成
廃棄するパソコンは、確実に照合するためには、そのリスト作成が必要です。特に数量が多い場合や、支店等の散らばっているところからの回収は特に間違いが起こりやすいので、リストとの照合は欠かせません。
パソコンなど廃棄する機器になどにシールを張る
管理番号や廃棄する期日、回収廃棄業者名などを記載したシールを作成し、廃棄する機器に張っておけば、明確です。 回収する時にも、わかり易く間違いがありません。
廃棄物は一箇所にまとめて置く
廃棄するパソコン等が各所に点在していると、違った機器を間違えて業者に渡してしまうことも考えられます。実際、弊社でもありました。弊社担当があまりにも新しい機器なので、確認したら、間違えであることが判明しました。廃棄物を、まとめておけば、誰から見ても確認ができ、事故を未然に防ぐことができます。
回収作業も事前の確認でスムーズです。
回収作業は、物量によっても人数、車両等も変化します。 ビル内などの注意事項や確認事項は、事前にお知らせいただければ、廃棄物の回収作業がスムーズに完了します。
  1. 駐車スペースの有無(地下駐車場の場合、車両の高さ制限)
  2. 貨物用エレベータの有無
  3. 入管手続きなどの有無
  4. 養生の必要性(床、壁、エレベータ内など)
  5. その他、ビル内の注意事項

契約書やマニフェスト伝票について

産業廃棄物の処理を委託する際に必要な委託契約書は、作業当日お持ちするか、郵送致します。
稟議等で時間が掛かる場合もあるかと思いますので、後日、郵送でお送りいただいても結構です。
マニフェスト伝票は、回収当日、作業員がお持ちしますので、ご確認下さい。
委託契約書、マニフェスト伝票についての詳細は、「コンプライアンス」をご覧下さい